2001年1月
PM5:30/石神井台の自宅すぐ近く/晴れ/あたりは真っ暗
 
絵が下手で思うように表現できませんが、見えた物体はこんな感じです。
もう少し高い位置にいましたが、下の芝生の空き地よりも大きな物です。
最初に目撃したときは北の空にポツンという感じで光って見えましたが、
ゆっくり近づいてきて私たち家族の左斜め横をこれ見よがしに通過してい
きました。物体は音もなく、底面には大きな半球型の丸い蛍光灯のよう
な光りが3つ見えました。側面には稲妻のような光りが前から後ろに向っ
てたくさん走っていました。とにかく圧倒する大きさと綺麗さで、口を開け
て見てしまうほどでした。私は独り言のように、「何でこんなものがここを
飛んでるんだ・・何で何も音がしない?・・何だこりゃ・・・なんて綺麗だ・・
スッゲーーーーー!。」を連発していました。空港でみるジャンボ機よりも
大きなもので重量感もありました。形状は今までに見たことのない大きな
3角形(下から見るとおむすび型?)でした。

家の大きさや電柱の高さと比較してもう少し上手く描きたいのですが、
電柱4〜5本分くらいの高さにこれぐらいの大きさの物体がいると想像し
てください。この物体は画面左方向(南)に向って住宅街の真上を飛ん
で行き見失ってしまいました。目撃時間はおよそ2〜3分位です。日記
には詳しく書けなかったのですが、興奮している様子が分かります。
以下は日記のアドレスです。
http://www.intervertex.co.jp/tokyotoday/2001-1/03.htm