2003年10月13日
PM4:01〜02/練馬区 石神井台/雨のち晴れ/

2年前の同月同日撮影したUFOは、水島さんのお墨付きでアダムスキー型だろうと
のことでした。今日は、最初からUFOウォッチングを前提に、我家に水島さんが遊
びに来ました。しかしながら、あいにくの土砂降りの雨となり、外に出ることもでず、
雨が止むまでコーヒーブレイクとなりました。それでも2時間ほどで、空が明るくなって
きました。2人とも雨は必ず上がると思っていたので、予定通りという感じでした。
だんだん西の空が明るくなり、ついに雨が上がりました。いつもの目撃スポットで約
1時間ほどした時です。(普段私は5分〜10分ぐらいしかいません。) ヘリコプターが
私たちの斜め上、北東の位置でホバリングを開始しました。水島さんが、「どこのヘリ
かな?」と言って数秒後、反対方向を見ていた私に、「あれ、UFOじゃない?」。
すぐに振り返ると、ヘリよりも低い上空を。キラキラ光る物体がいました。肉眼では薄く
ペラペラに見えました。風が強く吹いていましたが、物体は一直線に私たちの頭上斜
め上から南に向って飛んで行きました。高度はおよそ100M前後、目撃時間は20秒〜
30秒、デジカメで捉えた写真は8点、動画が1点でした。まともに写っていた写真は2点。
他の写真は良く分からないので掲載を断念しました。
【PHOT:目撃直後の物体】

【PHOTO目撃から20数秒ほど後の物体】

写真はフォトギャラリーに詳しく掲載してあります。